キャベツ 栄養

よく噛んで食べると効果的

キャベツはビタミンU、ビタミンCの他、がん予防効果があると言われているイソチオシアネート等の栄養分も豊富です。

 

 

これらを最大限に活用できる食べ方は生食です。

 

 

ビタミンU、ビタミンCは熱に弱く、長時間火にかけてしまうとほとんど分解されて無くなってしまいます

 

 

胃腸やお肌に良い成分が無くなってしまうのは非常にもったいありません。

 

 

また、ガン予防に効果のあるイソチオシアネートを効率良く摂取する食べ方は、「生で良く噛んで食べること」とされています。

 

 

これは、イソチオシアネートが生成されるもととなる物質の特徴のためです。

 

 

イソチオシアネートは「ミロシナーゼ」という酵素と、「グルコシノレート」という物質の化学反応により生成されます。

 

 

この化学反応が、キャベツを切ったり、噛んだりして細胞が壊れることによって起こるとされているのです。

 

 

この「ミロシナーゼ」という酵素は加熱により壊れてしまうため、生食が一番効率良く摂取できるというわけです。

 

 

キャベツダイエットにおける基本の食べ方も「生でよく噛んで食べること」です。

 

 

ダイエット効果だけではなく、嬉しい栄養も効率的に摂取できるのはうれしいですよね。

 

 

尚、切ったキャベツをしゃきっとさせるために水にさらすのは避けてください

 

 

ビタミンやミネラルは水溶性のため、水にさらしてしまうとせっかくの栄養が水に溶け出してしまいます。

 

 

また、調理する時に捨ててしまいがちな芯。

 

 

実は葉よりも栄養が多く含まれているので、捨てずに食べた方がより効果的に摂取することができます

 

 


★どこでも出来る痩せ体質を簡単に作る方法★体験談はコチラから

 

 

 

 

 

 

 

キャベツの栄養成分の活用法関連エントリー

キャベツダイエットとは?
キャベツダイエットについて説明しています。食べると満腹感が得られます。しっかり噛んで食べるのがコツです。
キャベツダイエットの基本
キャベツダイエットの基本について紹介しています。正しい実践方法とは?効果的な方法などについても説明しています。
キャベツの栄養
キャベツの栄養について書いています。ビタミンCや食物繊維を含んでいてヘルシーな食べ物です。胃腸を元気にする作用もあります。
キャベツの栄養成分の活用法
キャベツの栄養はとても豊富です。上手な成分の活用方法について説明しています。生のまま食べると身体にとって効果的です。
キャベツダイエットのメカニズム1
キャベツダイエットのメカニズムについて書いています。よく噛んで食べることがコツです。おなかいっぱいになり自然に食事量が減ります。
キャベツダイエットのメカニズム2
キャベツダイエットのメカニズムについて書いています。食物繊維が多く含まれているので便秘予防に効果があります。野菜不足も改善できます。
キャベツダイエットの効果
キャベツダイエットの効果について書いています。健康維持にも役立ちます。免疫力を高めたり病気を予防します。