キャベツダイエット

キャベツダイエットの基礎知識エントリー一覧

キャベツダイエットとは?
キャベツダイエットとは、「食前に生のキャベツを食べる」というものです。毎食前に、キャベツ6分の1個が量の目安です。キャベツは大体5cm程度のざく切りにし、なるべく生のまま食べます。尚、切った後に水にはさらさないでください。味が落ちてしまうだけでなく、ビタミンCなどの水溶性の栄養素が溶け出してしまいます。また、キャベツダイエットを行ううえでの大切なポイントがいくつかあります。まず1つが、「良く噛み、ゆっくりと時間をかけて食べること」です。これはキャベツ以外の食物を食べる際にも大切なことです。良く噛...
キャベツダイエットの基本
キャベツダイエットの目的は、摂取エネルギー量を消費エネルギー量より少なくすることにあります。消費エネルギーとは、人間が生活し、生きていくために使われるエネルギーのことです。この消費エネルギーを摂取エネルギーが超えてしまうと、太るという結果になってしまいます。しかし、食事による摂取エネルギーを減らそうとすると、どうしても食事全体の量が減り、空腹が続くことが多くなりがちです。空腹を我慢するようなダイエットは、ストレスが蓄積されてしまうため長続きしないことが多いと思います。キャベツダイエットは基本的に...
キャベツの栄養
キャベツは、100gあたり23kcalと低カロリーなうえ、魅力的な栄養素が豊富に含まれています。まず、「ビタミンC」。食事制限等を要するダイエットでは、ビタミンC不足になってしまうことがあります。しかしキャベツダイエットはその心配がありません。大きめの葉2〜3枚で1日に必要なビタミンCをカバーできると言われているほどビタミンCが豊富なためです。ビタミンCはストレスの緩和にも効果がありますので、ダイエット中には本当に嬉しいですね。そして、「ビタミンU」。「キャベジン」とも呼ばれるこの栄養素には、胃...
キャベツの栄養成分の活用法
キャベツはビタミンU、ビタミンCの他、がん予防効果があると言われているイソチオシアネート等の栄養分も豊富です。これらを最大限に活用できる食べ方は生食です。ビタミンU、ビタミンCは熱に弱く、長時間火にかけてしまうとほとんど分解されて無くなってしまいます。胃腸やお肌に良い成分が無くなってしまうのは非常にもったいありません。また、ガン予防に効果のあるイソチオシアネートを効率良く摂取する食べ方は、「生で良く噛んで食べること」とされています。これは、イソチオシアネートが生成されるもととなる物質の特徴のため...
キャベツダイエットのメカニズム1
食事の前にキャベツを食べる、キャベツダイエット。でも、何故食前なのでしょうか?食事中に一緒に食べてもいいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、食前に食べる理由は、キャベツダイエットのメカニズムにあるのです。一番大きな理由は、食前にキャベツを良く噛んで食べることにより満腹中枢を刺激するため。良く噛んで食べると満腹中枢が刺激され、脳がお腹いっぱいであると認識します。このため、自然とその後の食事の量を減らせるわけです。食事の量が減ると摂取エネルギーも少なくなるので、ダイエットへと繋...
キャベツダイエットのメカニズム2
キャベツダイエットで、食前にキャベツを食べるのにはもうひとつ、大切な理由があります。それは、食べる順番により、「血糖値の急激な上昇」を防ぐためです。血糖値の急激な上昇は、肥満を引き起こす1つの原因だといわれています。血糖値を一番上げやすいのはお米やパン、パスタなどの炭水化物。その次に肉、魚などのタンパク質です。これらとは逆に、キャベツにも含まれている食物繊維は、急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。そのため、食物繊維→タンパク質→炭水化物の順番で食べると、血糖値の上昇は緩やかになります。キャ...
キャベツダイエットの効果
食前に、キャベツ6分の1個を生で食べるキャベツダイエット。どんな効果が望めるの?という方のために、簡単にご説明します。まず、食前に生のキャベツを良く噛んで食べることにより満腹感が増えて、自然とその後の食事の量が減ります。これにより摂取カロリーが自然に減り、ダイエットへ繋がります。しかし、キャベツダイエットはダイエット以外にも、様々な効果を期待できます。1つめに、食生活の改善への効果。1日に必要な野菜の量、よくテレビなどで紹介されていますよね。以外に多くて、普段の自分の食生活では全然摂取できていな...